イソフラボンとたんぱく質と組み合わせて美肌に
過剰摂取

イソフラボンとたんぱく質と組み合わせて美肌に

イソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た作用を及ぼすことから、女性らしい体、肌のためには重要な働きをすると言えます。
なにしろ、エストロゲンは皮膚においてコラーゲンの合成を進め、柔軟な皮膚組織、つまり弾力とハリのあるつやつやな肌を保つための必須成分なのです。
アンチエイジングで注目されているイソフラボンですが、様々な効果を保つ成分と一緒に摂ることで、多くの美容、健康効果を期待できますので、上手く組み合わせを考える事が重要です。

そのため、さらに大豆のイソフラボンに加え、肉や魚、そして卵などのタンパク質をきちんととるとともに、体の中のコラーゲンの生成を促進するとされるビタミンCを積極的に摂取することで美肌効果を期待できます。
ちなみにビタミンCはレモンなどの果物に加え、青菜や緑黄色野菜に多く含まれます。
今では、忙しい人のためのサプリメントでも手軽に摂取出来ます。

実は、人間の身体は、水以外の約半分は、たんぱく質で構成されていると言われているほど、重要な構成成分なのです。
タンパク質は、筋肉や臓器、そして皮膚などを造り、生命維持に欠かせない役割を持っています。
もちろん、美容に欠かせないお肌や髪、さらに爪などもたんぱく質が主成分となっています。

この重要なたんぱく質が不足してしまうと、不眠に悩まされたり、抜け毛が増えて薄毛やハゲになってしまったり、精神障害のもととなったりと様々な弊害が予測されます。
他にも、女性である場合、貧血症状が悪化してしまったり、ホルモンバランスが崩れることで月経不順や体調不良になってしまったりします。
さらに、肌荒れや下痢、不眠による体力低下などの原因に繋がることもあります。
極端なダイエットをしてたんぱく質を取らなかったりすると、代謝が落ちてしまい、せっかく痩せたとしてもむしろリバウンドしやすい体質になることもあるので、たんぱく質は適量は出来るだけ意識して摂るようにしましょう。

おすすめの人気イソフラボンランキングはこちら。

このページの先頭へ